ラベルシール・ラベラー・ラベリンクシステム/株式会社トッパンTDKレーベル

TOPPAN
トップ > ニュースリリース > ICタグで国内初、トッパングループのUHF帯ICタグ製品がEPCglobal認定を取得
ニュースリリース/News Release
お問い合わせ

ICタグで国内初、トッパングループのUHF帯ICタグ製品がEPCglobal認定を取得

2008年09月11日

~ 世界各国で利用できる広帯域周波数対応(860MHz‐960MHz)ICタグを開発 ~

凸版印刷株式会社
トッパン・フォームズ株式会社
株式会社トッパンTDKレーベル

凸版印刷株式会社(代表取締役社長:足立直樹、以下 凸版印刷)、トッパン・フォームズ株式会社(代表取締役社長:櫻井醜、以下 トッパンフォームズ)、株式会社トッパンTDKレーベル(代表取締役社長:山本眞也)は、日米欧各国で共通して利用できるUHF帯ICタグ(「TPG-Label-001」、「TPG-Label-002」の2タイプ)について、国内のICタグ製品として初めて「EPCglobal(※1)」の認定試験に合格し、認定を取得しました。
 本製品は、トッパンフォームズが開発した海外向けのUHF帯ICタグを元にトッパングループ3社が連携し、製品化したもの。グローバルに事業を展開する国内外の企業に向け、2008年度中に販売を開始していく予定です。

(※1)EPCglobal(イーピーシーグローバル)は、流通業界を中心としたバーコードの国際標準化を推進するGS1の下部組織で、電子タグ(RFID)の国際標準化を推進する非営利法人です。

<背景>
・ UHF帯ICタグは、通信距離が長く、一括読み取りができる、などの特長があり、物流分野をはじめ、さまざまな分野で活用が進んでいます。
・ また近年、グローバル化の進展により、多くの企業で複数の国や地域をまたがる製品流通や物流、在庫管理が行われています。これらの効率化や安全性の確保のためにICタグを利用した実証実験が行われるなど、日本のみならず海外でもICタグ活用のニーズが増えてきています。
・ このニーズに対応するため、トッパンフォームが、日・米・欧それぞれの地域で共通して使用できるUHF帯ICタグを開発し、トッパングループのICタグ事業に関わる各社が連携し、製品化しました。さらに今回は、国際的な標準化団体EPCglobalの認定を取得できたことで、海外でも評価されました。

 

左上)TPG-Label-001 インレット、左下)TPG-Label-002 インレット、右)TPG-Label-002製品イメージ

 

<主な仕様>
・ 形態: 4×6インチのラベル形状
・ 搭載ICチップ: TPG-Label-001 ・・ Impinj社製 MONZA2
             TPG-Label-002 ・・ NXP Semiconductors社製 UCODE G2XL
・ インレット形状(サイズ): TPG-Label-001 ・・ 14.0×70.0mm
                   TPG-Label-002 ・・ 45.2×76.5mm
・ 周波数: 860~960MHz(広帯域周波数対応)

※国際基準仕様「EPCglobal Class-1 Generation-2」に準拠。
※トッパングループは米国インターメック社の特許ライセンスを取得しており、海外での使用にあたっても同社の特許ライセンスへの懸念は生じません。

<今後の展開>
2008年度中に量産体制を整え、関連受注を含め2009年度20億円の売上を目指します。

<参考:EPCglobal認定ICタグリスト一覧>
http://www.epcglobalinc.org/certification/hw_cert/

以上

 

このページのトップへ