ラベルシール・ラベラー・ラベリンクシステム/株式会社トッパンTDKレーベル

TOPPAN
トップ > ニュースリリース > 第2回 ドリンクジャパンに出展いたします
ニュースリリース/News Release
お問い合わせ

第2回 ドリンクジャパンに出展いたします

2017年06月01日

株式会社トッパンTDKレーベルはこのたび、「第2回ドリンクジャパン」に出展致します。

弊社ブースでは、「現場の生産性と効率性、品質の向上」をメインテーマに、自動化による生産効率の向上や品質の向上につながるラベラーソリューションをデモンストレーションの形でご提案いたします。その他、トレーサビリティやセキュリティ、環境分野における新製品を展示予定です。

デモンストレーションや製品の展開例・使用例を通して、見て・触って・納得いただける展示となっております。ご多用とは存じますがぜひ弊社ブース(東3ホール E5-26)にお立ち寄りくださいますよう、ご案内申し上げます。


【 出展内容 】
新製品 多面貼りロボットラベラー
工場からの出荷シーンにおいて、納入先の小売店毎に異なる上位データに紐づいたSCMラベル(企業間での物流や検品作業を効率化する出荷梱包表示ラベル)の発行と貼り付けを自動化します。
人手で行うことによるSCMラベルの貼り付けミスから起こる誤配送や、作業者の技量や経験値に左右されることがなくなるため、生産計画が格段に立てやすくなります。

新製品 スタンダードラベラー「TL-R105」
ガラス瓶円周へ自動貼りするデモンストレーションを行います。
カスタマイズ不要のモジュラータイプのラベラーで、導入までのリードタイムの短さが特徴です。

ネックPOPラベラー「TLN-1000」
店頭での視認性UPを図るネックPOP。ネックPOPを製品に掛ける作業は、人手やスペースの確保が必要で生産現場にとっては大きな課題となります。
ネックPOPラベラーは、製造ライン内で1,000枚/分の自動掛けを実現することで、作業効率を大幅に向上します。飲料PETボトルや各種調味料ボトル、ガラス瓶など様々な容器に対応しています。

超高速ラベラー「S-51V」
大ロット製造ラインのラベル貼り作業の自動化を実現する超高速タイプのラベラーです。
最大2,500枚/分の貼り付けが可能な世界最速クラスのラベラー、2ヘッド仕様にすることで、上流・下流の切り替えが可能となり、生産ラインを停止しません。

新製品続々登場!ラベル関連製品
 ・ デジタル印刷機を活用した各種ラベルアプリケーション
 ・ 2020年東京オリンピック、SDGsに向けた環境への取り組み提案「FSC®森林認証ラベル」
 ・ 最新セキュリティラベル「LEDホログラムラベル」
 ・ 流通途中の温度管理「温度センサーICタグ」

※デモンストレーションおよび展示物の内容は、予告なく変更となる場合がございます。


【 展示会概要 】
■展示会名称
 第2回ドリンクジャパン – 飲料・液状食品[開発][製造]展 -

■会期
 2017年6月28日(水)~30日(金)
 10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)

■会場
 東京ビッグサイト

■弊社ブース番号
 東3ホール E5-26

■主催
 リード エグジビション ジャパン株式会社

■公式サイト  http://www.drinkjapan.jp/

■同時開催
 第30回 インターフェックスジャパン 医薬品・化粧品・洗剤 研究・製造技術展
 第11回 医薬品原料国際展 in‐PHARMA JAPAN
 第16回 BIO tech 2017 バイオ・ライフサイエンス研究展
 第1回  バイオ医薬EXPO

【 本件に関するお問い合わせ先 】  販売促進センター 販売促進チーム 03-3833-7505

このページのトップへ