ラベルシール・ラベラー・ラベリンクシステム/株式会社トッパンTDKレーベル

TOPPAN
トップ > 製品情報 > RFID
製品情報/PRODUCT お問い合わせ

RFID 無線通信を利用した非接触による自動認識技術

RFID(Radio Frequency Identification)とは、無線通信を利用した非接触による自動認識技術です。カードやラベルに取り付けられる小型のインレット(アンテナ付きICチップ)と、インレットに電波を発信して情報を読み取ったり、新たな情報を書き込んだりするリーダライタとの間で、非接触による情報更新が可能です。
ICチップ自体に情報が書き込まれているため、読み取り装置さえあれば、どのような場所でもデータ内容を確認することができます。また、複数の情報を同時に読み取ることも可能で、オペレーティングシステムへの負担の軽減を図ることができます。

ICカード

優れたカード製造技術を基に、高度なセキュリティ機能を持つICを内蔵した非接触ICカードを開発、製造しています。メモリーサイズは豊富で、用途に最適なタイプのカードをお選び頂けます。
また、一貫した製造・加工プロセスにより、高い品質を実現しています。

ICタグ

お客様の様々な使用環境及びご要望に応じ、ラベル開発・製造で培った技術を生かした粘着・基材との組み合わせにより、導入アプリケーションに最適なICタグをご提案します。
また、一貫した製造・加工プロセスにより、高い品質を実現しています。

リーダライタ

様々なチップに対応した各種リーダライタを取り扱っております。

ICカード テクノロジーストーリー

磁気カードに代わって普及し始めたのが、ICカードです。キャッシュカードやクレジットカード、JRのSuicaや電子マネーEdyといった例が身近です。
磁気カードはカード基体上に形成した磁性層に磁気信号のかたちで情報を記録するのに対し、ICカードはICメモリーと周辺制御回路を一体にしたICチップをカード基体中に埋め込み、そのICチップに情報を記録するというものです。

ICカードは接触型と非接触型に大別できます。接触型は、カード表面の金属端子をリーダライタと「接触させる」ことで通信を行うタイプで、クレジットカードが代表例です。対して非接触型は、リーダライタにカードを「かざす」ことで電波による無線通信を行うタイプのことで、Suicaはその代表例です。

非接触型ICカードの場合、カードとリーダライタはそれぞれアンテナを持っており、一方のアンテナコイルに高周波信号を通電させるともう一方のコイルに電流が流れます。その際に振幅や周波数、位相などを変化させることで情報を伝達できるのです。これは双方向において可能です。
リーダライタからカード側に情報を送る際にはICチップ作動に必要な電力も同時に送られるので、ICカード内に電源は必要ありません。

ICカード内部は、ICとアンテナコイルという2つの部品のみで構成されています。ICチップはどんどん小型化が進み、現在では砂粒大のものもあります。また、アンテナコイルは細い銅線をループ状に数回から数百回巻いたものが使われます。
ISO規格によりカード自体の厚みを0.76mm以下にする必要があるため、ICモジュールもアンテナコイルも、どんどん薄型化が進んでいます。

お問い合わせ

このページのトップへ